一年を通して海と里山の食材に恵まれた能登島。味覚の旬を知れば、その楽しみはまた格別です。七尾湾ならではの海鮮の珍味から、素朴で野趣あふれる香味まで、自然のうまみがぎゅっと詰まった四季折々の旬に、おのずと五感も目覚めてくるようです。





2隻の船で網を引き回すスズ引き漁法を用いるため、
地元ではスズとも呼ばれるサヨリ。
秋にも捕れますが、島で旬といえばやはり春です。


雪どけとともに、いっせいに芽吹く山菜や筍は、
いずれも島の里山で採集しています。
香り豊かな春の恵みは味わい方も多彩です。

クロダイ、ハチメ(メバル)、クチボソ(マコガレイ)、
ゴリ、マダイ、アイナメ、カワハギ、マアジ、モズク、
ウド、フキ、ワラビ、ゼンマイ、タラの芽




皮がヤスリのように固いカワハギは、
皮を剥いで食べることからこの名がついたとか。
新鮮な肝までくさみがなく、なかなかの珍味です。


アジは「味に通ず」の言葉通り、
脂がのった盛りのころの味の良さは絶品。
特に小アジは天日干しにしておきます。

アマダイ、クロダイ、ヒラメ、キス、コチ、
シイラ、バレン(カジキマグロ)、
ナメラ(ハタ)、アカイカ、スルメイカ、
シタダミ、サザエ、ウニ




島で捕れるイカ類は多けれど、秋はやはりアオリ。
透き通るように身が絞まり、刺し身、にぎり、
釜飯でまるごと豪快に味わうのも勝雄流です。


秋の山里で、香りと味わいの代表格といえば松茸ですが、
当宿では特に香りの良い能登半島・珠洲産のものをよく使います。

サバ、サンマ、カマス、イシダイ(シマダイ)、ハマチ、
イワシ、シイラ、真ダコ、飯ダコ、イクラ、クリ、
アケビ、シバタケ




ブリは出生魚。地元では成長に合わせて
コゾクラ、フクラギ、ガンド、そしてブリと呼び分けています。
じっくり煮付けたブリダイコンは、能登の冬を代表するご馳走です。


島でカニといえばズワイ。
毎年11月6日に漁が解禁され、2月ごろまで味わえます。
雌はコウバコガニとも呼ばれ、濃厚な味わいの甲羅のミソや卵は
特に重珍されています。

アマエビ、アンコウ、スズキ、スケソウダラ、マダラ、
ヤリイカ、カキ貝、ナマコ、コノワタ、バイ貝、イサザ

石川県七尾市能登島えのめ町ロ132 TEL.0767-84-1316 Email katsuokan@a1.notojima.jp
能登島 活魚料理/旬味の宿 勝雄館 | ごあいさつえのめ漁港四季の食材料理宿泊周辺案内ご予約